ドラマ

青天を衝け|子役小林優仁の演技が下手な理由5選!うるさい、うざい

初回放送の視聴率が20%と順調なスタートをきった『青天を衝け』

一回目は子役の活躍が目立つ会でしたが

この中でも特に注目を集めたのが主人公の子供時代を演じた小林優仁君

「可愛い」、「演技が上手い」という意見がある一方で

「演技が下手」というマイナスの意見もありました。

今回は演技が下手と言われる理由について調査したいと思います。

小林優仁 プロフィール

  • 名前:小林優仁(こばやし まさひと)
  • 生年月日:2011年4月25日(9歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:132cm
  • 特技:体幹 ストレッチ ダンス 作曲
  • 趣味:登山 お菓子づくり 映画・ドラマ鑑賞 ライヴ通い
  • 夢:俳優 ダンサー ミュージシャン サッカー選手

優仁と書いて「まさひと」と読みます。

4歳の時に松竹の歌舞伎座寺子屋スクールのオーディションに合格し、

芸能の道に進みました

そして、6歳の時に芸能界デビューを果たしています。

また運動神経も抜群のようでサッカー、バスケットボール、シャドーボクシングと

色々なものが得意のようです。

顔もよくてスポーツ万能って絶対学校でモテますね!!




小林優仁の演技に対する評価

まずは、小林優仁君の演技に対する評価をみてみたいと思います。

調べてみると圧倒的に多かった声が「可愛かった」という声です。

私も見ていて、あれ「女の子?」って思ってしまうほど可愛い顔でした!!

一方で、「演技が下手」と言ったマイナス声もありました。

ではなぜ演技が下手と言われているのでしょうか?

小林優仁の演技が下手な理由① うるさい

まずマイナス意見として最も多かった意見が「うるさい」です。

ドラマの冒頭に栄一が駄々をこねるシーンがあり、

またおしゃべりな役であったため、

見ている人の中には、うるさいと思った人もいたようです。

個人的には、とても子供らしくてかわいいなって思ったのと

声もとても聞き取りやすくて上手いなって思って感心してみていました。

小林優仁の演技が下手な理由② 演技経験が浅い

2つ目の理由が「演技経験が浅い」ということです。

6歳で舞台デビューを果たしていますが、ドラマは今回が初めてです。

大河ドラマと言えば実力者ばかりなので、経験が浅い小林優仁君の演技をみて

周りから浮いていると感じた人もいたようです。

個人的には、すでに舞台デビューしているだけあって、とても演技が上手いな~と思っていたのでこのような意見があることに少し驚きました。

見る人が見ればそう感じてしまうのかもしれませんね。

小林優仁の演技が下手な理由③ 早く吉沢亮がみたい

3つ目の理由が「早く吉沢亮がみたい」というものです。

これ小林優仁君の演技に関係ないのでは?って思う人も多いと思いますが

早く吉沢亮さんがみたい→子役ばっかしか出てこない→ん~なんか子役の演技が気に入らない

みたいに思ってしまう人もいたのかもしれません。

無理やりすぎですかねww

実際、ネットの声として「早く吉沢さんを見たい」という声があったので

あながち大きく外れていないとかなって思いました。

小林優仁の演技が下手な理由④ 子供時代が嫌い

4つ目の理由が「子役時代が嫌い」というものです。

調べていると、意外に大河ドラマの子供時代が嫌いという人が多く

そのため、子役時代に登場する小林君の演技をみて、苦手だな~

と感じる人がいたようです。

個人的には子供時代は背景を知るために絶対必要だと思うので

とても大事な会ですし、また今回は特に子供時代は面白かったな~と思いました。

小林優仁の演技が下手な理由⑤ 方言が気になる

5つ目の理由が「方言が気になる」というものです。

方言ってどうしても地元の人にとっては気になるものなので

この意見は仕方がないような気がしますね。

個人的に今回ドラマを見ていても小林君が話す方言は気にならなかったので

地元の人でなければ、あまり気にならなかったのかな~と思いました。




まとめ

今回は『青天を衝け』に出演している小林優仁さんの演技について調査しました。

いい意見や悪い意見がありましたが

個人的には大河ドラマの子役って特に演技が上手い~と思いながら見ていました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。